ホーム>なぎなたとは

 

現在行われているなぎなたとはどんなものか、といえば'西洋のフェンシング''日本の剣道'に似て以て非なるもの、でしょうか。装束は剣道と殆ど同じです。最大の違いはその武器です。皆さん、源の義経の家来であった弁慶をご存知ですね。その弁慶が持っていたのがなぎなたです。試合方法も剣道によく似ていますが、なぎなたにはなぎきるという独特の使い方があります。 薙(なぎ)倒すという言葉をご存知と思いますが、斜めから切り倒すことで、この特徴からなぎなた(薙刃あるいは長刃)の語源があるとも言われています。

 

 

「なぎなた」という呼び方は『本朝世紀』久安2年(1146年)の条に、源経光所持の兵杖を説明して「俗に奈木奈多と号す」とあり、このころから世に現れたと推察されます。一般に「なぎなた」の出現は、「奥州後三年記」(1083~1087年)の戦記の中に記されていたり、「絵巻」では絵詩の中で描かれています。これが最初と考えられていました、すでにこれより148年前の天慶の乱(935年~941年)には「長刀」が使用されていたようです。

 刃部と柄部からなるなぎなたは日本の伝統的な武器の一つです。もともとは曲線のある刃を長い柄にとりつけたなぎなたは騎乗の戦士をなぎ払う歩兵に用いられていました。 伝来の絵巻物や物語によるとなぎなたが登場するのは10~11世紀頃の合戦でした。太刀よりも応用自在で長いなぎなたは多数の敵を相手としたり又、海戦で非常に有利な武器となりました。合戦では弓矢を持った馬上の兵士に対して歩兵の持つなぎなたが威力を発しました。 鉄砲が1550年に伝来し、戦闘方法が著しく変化したためなぎなたは急速に衰退しました。江戸時代(1603~1868年)に入りなぎなたはもはや戦では使用されなくなり、武士の装飾的な武器あるいはその子女の護身用として用いられるようになりました。事実、なぎなたは武家に嫁ぐ嫁入り道具の一つでした。ですから今日のなぎなたも主に女子が主流となっているのです。 なぎなたの各種の流派が出来たのは江戸時代でした。長い年月をかけ形式化されてきました。なぎなたの特徴は前後左右に行われ、繰り出し、繰り込み、持ち換えなど多彩な変化があります。
第二次世界大戦による敗戦(1945年)のため一時禁止されていた武道が1953年ようやく復活し、1955年に全日本なぎなた連盟が新しい武道として発足しました。  各県の連盟からなるこの組織は45万の会員を擁しこのうち6万4千人が資格を持っています。現在では中学、高校のクラブにも採用され会員は徐々に増えています。毎年全日本選手権大会ほか各種大会が催され又、国体、インターハイにも参加しています。  国際的には1990年に国際なぎなた連盟が発足し、現在はベルギー、ブラジル、フランス、オランダ、ニュージーランド、スウェーデン、アメリカ、チェコ、オーストラリア日本の10ヵ国が加盟しています。外国では男子に人気があり、様々な交流を通して普及を計っています。4年に一度の割合で世界大会も行われています。アセアン諸国にはなぎなたが取り入れられていませんので理解と協力を得たいと努力しているところです。

なぎなたは応用範囲の多い武器で刃や柄で攻撃にも防御にもなります。現在のなぎなたは刃部は竹で、柄部は樫の木で作られ、210~225センチと定められています。試合は防具として面、胴、小手、すね当てを着けます。試合競技は二人の試合者が、定められた部位、面部、(正面と左右の側面)小手部(左右)胴部(左右)臑部(左右の外ずねと内ずね)咽喉(のど)を確実に早く打突して勝負をきそう競技です。なぎなたを振り上げ、持ち換え、振り返し、繰り込み繰り出しの操作をしながら、打突部位を打ったり突いたりします。敏速な動きの中から打突の機会を見いだし、全力をあげて技を競い合います。相手に対して、よい間合いからタイミング良く技を出すことが勝利に結びついて来ます。試合競技には個人試合と団体試合の2種類があります。

演技には基本動作や技を組み合わせた"しかけ・応じわざ"と伝統的ななぎなたの技が洗練された形の"全日本なぎなたの形"があります。演技競技はこの全日本なぎなたの形、又はしかけ・応じわざの中から指定されたものを、二人一組の演技者によって行い、その技の優劣を競い合う競技です。

しかけ・応じ技 全日本なぎなたの形