ホーム>なぎなたの実技>打ち込み・受け方>

 

1. 防具をもう一度よく調べましょう。
ひもがほどけないように、しっかり結びましょう。
(すね当てを結んだ後、残ったひもは外に出さないように挟み込みます)
(こてのひものしまつをきちんとします)
2. なぎなたの刃部は正しくついているか、確認しておきましょう。
3. プログラムで、自分が出るコートを確認しておきましょう。

1. 名前を呼ばれたらはっきり返事して、入場しましょう。
(入退場はスピーディに!)
2. はじめの礼・おわりの礼は、演技競技も試合競技も同じです。落ち着いて行いましょう。
3. なぎなたが破損したり、防具が外れたりしたときのマナーは知っておきましょう。

1. 勝っても負けても相手をたたえる気持ちを持ちましょう。
(ガッツポーズなどはよくありません)
2. 防具・なぎなたを、自分の席にきちんと整頓しましょう。
3. 自分の試合を反省し、他の人の試合を見て勉強しましょう。

1. 声援は、試合をする人が落ち着いて試合に集中できるような応援をしましょう
2. 自分のチームだけでなく、相手チームのよいところをたたえましょう。